引越しブラックリストからの卒業!保証会社を賢く活用して希望の賃貸に住もう

賃貸物件を探している方の中には、ブラックリストに掲載されているために入居審査に通りにくいという悩みを抱えている人も少なくありません。しかし、ブラックリストに載っていても絶対に賃貸契約ができないわけではありません。このブログでは、ブラックリストについての基礎知識から、ブラックリストでも賃貸に引っ越しできる方法、ブラックリストを伝えるタイミングと対処法までを幅広く解説しています。ブラックリストに載っていて不安な方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. ブラックリストでも賃貸に引っ越しできる保証会社を紹介

real estate

ブラックリストに載っている方でも、一部の保証会社を利用することで賃貸契約が可能になる場合があります。以下にいくつかの保証会社を紹介します。

1.1 新日本信用保証株式会社

新日本信用保証株式会社は、ブラックリストの方にも対応しています。審査基準が比較的緩く、簡単な手続きで契約できると評判です。

1.2 アールエムトラスト株式会社

アールエムトラスト株式会社は、判定基準が独自で、他の保証会社よりも寛大な審査を行います。ブラックリストの方でも受かる可能性が高いです。

1.3 株式会社イントラスト

株式会社イントラストは、ブラックリストの方に特化した保証会社です。申込時に事前審査を行い、対応可能か判断してくれます。

1.4 日本賃貸保証株式会社

日本賃貸保証株式会社は、ブラックリストの方にも柔軟に対応しています。審査回数が非公開なため、複数回の落ちた経験がある方にもおすすめです。

1.5 株式会社宅建ブレインズ

株式会社宅建ブレインズは、長い歴史を持つ保証会社であり、ブラックリストの方でも審査を通過できます。他の保証会社との併用も可能です。

これらの保証会社は、ブラックリストの方でも賃貸契約が成立する可能性が高いとされています。ただし、保証会社は物件によって異なる場合がありますので、お部屋探しサイトや不動産業者の指示に従って選択する必要があります。

保証会社を選ぶ際には、契約内容や料金、サービスについて詳しく調べ、自身の状況に合った選択をすることが重要です。また、アリバイ会社の利用に関しても法的な観点から注意が必要です。

2. ブラックリストの概要と賃貸への影響

finance

信用情報に傷がある状態を指すブラックリストについて、その概要と賃貸物件への影響について見ていきましょう。

ブラックリストとは

ブラックリストは、一般的に信用情報に傷がある状態を指しますが、危険人物リストとしてまとめられているわけではありません。ブラックリストに載る原因としては、自己破産や携帯料金、家賃、クレジットカードの滞納などがあります。これらの傷は、一度ついてしまうと通常は5年から10年ほど消えないと言われています。滞納分の支払いをしても時間が経っていないと傷は消えないため、滞納には注意が必要です。

ブラックリストに載っている可能性のある人の特徴

ブラックリストに載っている可能性が高い人の特徴は次の通りです。

  • クレジットカードの支払いを滞納したことがある
  • 家賃を滞納したことがある
  • 携帯料金を滞納したことがある
  • 自己破産している
  • 奨学金の返済を滞納している

これらの支払いを5年以内に滞納した経験がある場合、ブラックリストに載っている可能性があります。自分がその状態になっていないか気になる場合は、CICに信用情報の開示請求を送ることで、自分の信用情報を確認することができます。

賃貸契約時の影響

ブラックリストに載っている場合、賃貸契約の審査に通過することが難しくなります。具体的に説明すると、賃貸契約の審査では信用情報がチェックされ、ブラックリストに載っている場合は審査に不合格になる可能性があります。ただし、ブラックリストに載っているからといって必ずしも審査不合格となるわけではありません。ただし、一部の信販系会社では、審査がより厳しくなると考えられます。

ブラックリストに載っていることが分かっている場合でも、賃貸契約自体は可能です。ただし、通過が難しくなる可能性があるため、適切な対策を取りながら自分に合った賃貸契約を見つけることが重要です。また、ブラックリストに載っていることが確定している場合には、信用情報のチェックを行わない「独立系」と呼ばれる保証会社を利用することも一つの対策となります。

3. ブラックリスト入りを伝えるタイミングと方法

real estate

ブラックリスト入りの情報を不動産会社や賃貸物件のオーナーに伝えるタイミングと方法は重要です。以下にブラックリスト入りを伝えるタイミングと方法を解説します。

3.1 入居申込時に正直に伝える

ブラックリストに載っていることは審査に影響するため、賃貸物件の申し込み時に正直に伝えることが重要です。申込書や申告書にブラックリスト入りの有無を記入する欄がある場合は、必ず正確な情報を提供しましょう。

3.2 賃貸仲介会社に相談する

ブラックリスト入りしている場合や不安がある場合は、賃貸仲介会社に相談することもおすすめです。仲介会社は多くの賃貸物件を取り扱っており、あなたの状況に応じて適切な物件を紹介してくれる可能性があります。

3.3 契約前に問い合わせる

物件を決めかけた時点で、物件のオーナーや不動産会社にブラックリスト入りの有無を問い合わせることも重要です。契約前にブラックリスト入りの有無を確認することで、審査に通る可能性や条件の交渉がしやすくなります。

3.4 審査に通りやすい物件を探す

ブラックリスト入りしている場合でも、通りやすい物件を探すことができます。不動産会社や賃貸仲介会社に相談し、審査に通りやすい物件を見つけましょう。また、家賃の一部を前払いするなどの方法で審査に有利になることもあります。

3.5 申告を躊躇しない

ブラックリスト入りを申告することが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、審査の段階で必ずバレてしまいます。申告しなかった場合、審査が進んだ段階で不利になることがあります。正直に申告し、物件探しをスムーズに進めましょう。

3.6 偽りの申告は避ける

ブラックリスト入りの有無に関わらず、偽りの申告は避けるべきです。不動産業界では信用が重要視されており、偽りの情報が発覚した場合には信用を失うことになります。正確な情報を提供し、信頼関係を築くことが大切です。

以上がブラックリスト入りを伝えるタイミングと方法の一例です。自分の状況に合わせて最適な方法を選び、スムーズな入居手続きを進めましょう。

4. 入居審査に落ちた時の対処法

housing

入居審査に落ちた場合でも、諦めずに対処策を考えることが大切です。以下に、入居審査に落ちた場合の対処法をいくつか紹介します。

4.1 別の保証会社の審査を受ける

まず試してみるべきは、別の保証会社の審査を受けることです。管理会社や大家さんによっては、保証会社を変えることで再審査のチャンスを得られる場合もあります。不動産会社に連絡して、別の保証会社を利用できるか確認し、再度審査を受けることを試みましょう。保証会社によって審査基準が異なるため、新しい保証会社であれば通過できる可能性もあります。

4.2 収入がある親族による代理契約

入居審査に通過できない場合、収入のある親族に代理契約をお願いする方法もあります。代理契約とは、入居者とは別の人が契約をする方法であり、原則的には3親等以内の親族に限られます。ただし、物件によっては代理契約が認められていない場合もありますので、代理契約を希望する場合は事前に不動産会社に相談しましょう。

これらの対処法を試しても入居審査に通過できない場合もありますが、諦めずに他の方法を模索することが大切です。以下に、その他のアイデアをいくつかご紹介します。

  • 収入を増やすために副業を始める
  • 家賃を下げて物件を再検討する
  • 保証人を見つける

入居審査への挑戦を諦めずに続け、自身の条件に合う物件を見つけることが目標です。

5. ブラックリストが審査で不利になる理由

credit report

入居審査において、ブラックリストに載ってしまうことは非常に不利です。以下に、その理由を説明します。

1. 家賃の支払い能力が疑われる

ブラックリストに掲載されると、家賃の支払い能力が大家さんや不動産会社に不安視されます。滞納や支払いトラブルの記録があると、入居審査において不利な判断材料となってしまいます。

2. 社会的信用を欠いていると見なされる

ブラックリストに載ることは、信用情報機関を通じて滞納歴や金銭トラブルなどのネガティブな情報が広まることを意味します。そのため、入居審査では個人の社会的信用が問われます。滞納歴があると「お金にルーズな人」との印象を持たれ、入居審査において不利になることがあります。

3. 金銭トラブルを心配されやすい

ブラックリストに載っている人は、金銭トラブルを心配されやすいです。特に賃貸契約では、入居時や退去時に高額な初期費用がかかることがあります。大家さんや不動産会社は、金銭トラブルを避けるために入居者の信頼性を重視します。ブラックリストに載ることで、更新料や退去費用の支払いで揉める恐れがあると考えられ、入居審査において不利になります。

ブラックリストに載ってしまうと、入居審査において不利な立場になることがわかります。しかし、ブラックリストでも入居審査に通る可能性を高める方法が存在します。具体的には、保証会社を利用したり、代理契約をお願いしたりすることで、入居審査の合格率を向上させることができます。

まとめ

ブラックリストに掲載されていても、賃貸物件に入居することは可能です。保証会社の利用や代理契約の活用など、さまざまな対策を講じることで、審査に通過する可能性を高めることができます。また、正直にブラックリスト入りを伝え、物件探しをスムーズに進めることも大切です。ブラックリストを理由に諦めずに、自分に合った入居方法を見つけ出すことが重要です。困難な状況でも、あきらめずに前進することで、新しい居住地を見つけられるはずです。

よくある質問

ブラックリストに載っている場合でも賃貸に入れる可能性はありますか?

はい、一部の保証会社を利用すれば、ブラックリストに載っていても賃貸契約が可能となる場合があります。新日本信用保証株式会社やアールエムトラスト株式会社、株式会社イントラストなどが、ブラックリストの方でも対応している保証会社として紹介されています。審査基準が比較的緩く、契約手続きも簡単であると評判です。

ブラックリストに載っていることを伝えるタイミングはいつが良いですか?

賃貸物件の申し込み時に、正直にブラックリスト入りの情報を伝えることが重要です。申込書や申告書にその旨を記入しましょう。また、賃貸仲介会社に相談したり、物件を決める前に物件オーナーに問い合わせたりするのも良いでしょう。ブラックリスト入りを隠し立てせずに、早めに伝えることが審査に有利に働きます。

入居審査に落ちた場合はどのように対処すればよいですか?

入居審査に落ちた場合は、諦めずに対策を考えることが大切です。まずは別の保証会社の審査を受けてみることをおすすめします。保証会社によって審査基準が異なるため、新しい保証会社であれば通過できる可能性があります。また、収入のある親族に代理契約をお願いする方法も検討できます。それでも通過できない場合は、収入アップや家賃引下げ、保証人の確保などを試してみましょう。

ブラックリストに載っていると入居審査で不利になる理由は何ですか?

ブラックリストに載っていると、家賃の支払い能力が疑われたり、社会的信用を欠いていると見なされたり、金銭トラブルを心配されやすいといった理由から、入居審査で不利になります。大家さんや不動産会社は、滞納歴やトラブル記録のあるブラックリストの人を、家賃支払いや更新料、退去費用の支払いでトラブルになるリスクが高いと判断するためです。

GTO社長

GTO社長

あげちゃう不動産代表取締役社長のGTO社長です。 不動産歴8年。売買。賃貸。1棟投資の経験を基に2022年あげちゃう不動産を開業いたしました。 お部屋探しはあくまでもオーナー有利で募集することが多く借り手が不利なケースが多いのではないでしょうか?? また、【それ本当に必要な費用ですか??】と言いたくなるほど賃貸の引っ越し費用には数多くの項目の費用が発生してきます。 弊社あげちゃう不動産では、そんな【初期費用高いから引っ越しできない!!】という方に向けてよりお安く提案できるサービスを実施しております。 仲介手数料無料、最大キャッシュバック20万!!   お部屋探しを楽しく・気軽に・お得にお部屋探しをするなら【あげちゃう不動産】までお問合せ下さい。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

賢い引越はあげちゃう不動産へ!

おすすめ記事
最近の記事
人気の記事
  1. 賃貸のキャシュバックは違法!?仕組みや安全性を現役不動産社長が徹底解説!!

  2. 賃貸の審査不安な方必見!ブラックリストでも通る保証会社の通し方を現役の不動産社長が徹底解説!

  1. リーズナブルな賃貸物件で快適な一人暮らしを!

  2. 引越し審査を通過するためのノウハウ大放出!

  3. 不動産売買:あなたが知るべき全て

  1. 初期費用を軽減!キャッシュバックと賃貸物件の理想的な組み合わせ

  2. 物件探しのプロが選ぶ!おすすめの物件探しアプリとサイト

  3. 引越しの裏技とコツ、あなたは知っていますか?

物件情報URLを送ってキャッシュバック額をチェック!

関連記事