初期費用が安い賃貸物件の見つけ方・選び方


どうも、皆さんお疲れ様です!今日は初期費用が安い賃貸物件の見つけ方・選び方について語っていきたいと思います。引っ越しを考えているけど、初期費用が高すぎて頭を抱えている人、この記事はあなたのために書いていますよ。さて、では早速本題に入りましょう!

初めての一人暮らし、あるいは転居を考えるとき、初期費用がネックになることは少なくありません。敷金、礼金、仲介手数料、保証金などなど、これらを一度に支払うとなると、かなりの金額になりますよね。でも、心配しないでください。初期費用が安い賃貸物件は存在します。それを見つけ出すコツを、今日は皆さんと一緒に見ていきましょう!

まず、賃貸物件を探すときに一番重要なのは、物件を提供している不動産会社をきちんと調べることです。不動産会社によって、取り扱っている物件の特徴や、初期費用の設定が大きく異なる場合があります。一般的には大手の不動産会社よりも、地元密着型の中小企業の方が初期費用を抑える傾向にあります。なので、まずはそこから始めてみるのがオススメです。

次に、物件の条件を絞るときのポイントです。初期費用が安い物件となると、やはり築年数が古い物件や、駅から遠い物件が多い傾向にあります。ここで重要なのは、自分がどの程度の条件を妥協できるか、ということです。駅から15分以上歩くのは嫌だけど、築20年以上でも平気、という人もいれば、逆の人もいます。自分のライフスタイルや仕事の状況、また一人暮らしの目的によって、妥協点は変わってきます。しっかりと自分の優先順位を決めることが、お手頃な物件を見つけるコツとなります。

また、初期費用を抑えるためには、敷金・礼金0の物件を探すのも一つの手段です。これを「ノーリノベーション物件」と呼びます。ノーリノベーション物件は、前の入居者が出た後に大規模な修繕を行わず、そのまま次の入居者に引き渡すため、初期費用を抑えることができます。ただし、その分、物件の状態は前の入居者が住んだままの状態となるため、少々古さを感じることがあります。しかし、その古さを気にしない方、自分でDIYを楽しむのが好きな方には、格好の物件と言えるでしょう。

最後に、初期費用を抑えるための裏技を一つ教えます。それは、「引っ越しのタイミング」です。一般的に、賃貸物件は3月や9月の入学・就職シーズンに需要が高まるため、その時期は物件の価格が高くなります。逆に、需要が低い時期、つまり夏や冬に引っ越すと、初期費用を抑えることが可能です。物件選びの自由度がある方は、ぜひこのタイミングを利用してみてください。

以上、初期費用が安い賃貸物件の見つけ方・選び方についてお話ししました。賃貸物件選びは、自分のライフスタイルや財布の紐と相談しながら、じっくりと選んでいくのが一番です。皆さんが素敵な物件に出会えますように!それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

GTO社長

GTO社長

あげちゃう不動産代表取締役社長のGTO社長です。 不動産歴8年。売買。賃貸。1棟投資の経験を基に2022年あげちゃう不動産を開業いたしました。 お部屋探しはあくまでもオーナー有利で募集することが多く借り手が不利なケースが多いのではないでしょうか?? また、【それ本当に必要な費用ですか??】と言いたくなるほど賃貸の引っ越し費用には数多くの項目の費用が発生してきます。 弊社あげちゃう不動産では、そんな【初期費用高いから引っ越しできない!!】という方に向けてよりお安く提案できるサービスを実施しております。 仲介手数料無料、最大キャッシュバック20万!!   お部屋探しを楽しく・気軽に・お得にお部屋探しをするなら【あげちゃう不動産】までお問合せ下さい。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

賢い引越はあげちゃう不動産へ!

おすすめ記事
最近の記事
人気の記事
  1. 賃貸のキャシュバックは違法!?仕組みや安全性を現役不動産社長が徹底解説!!

  2. 賃貸の審査不安な方必見!ブラックリストでも通る保証会社の通し方を現役の不動産社長が徹底解説!

  1. リーズナブルな賃貸物件で快適な一人暮らしを!

  2. 引越し審査を通過するためのノウハウ大放出!

  3. 不動産売買:あなたが知るべき全て

  1. 初期費用を軽減!キャッシュバックと賃貸物件の理想的な組み合わせ

  2. 物件探しのプロが選ぶ!おすすめの物件探しアプリとサイト

  3. 引越しの裏技とコツ、あなたは知っていますか?

物件情報URLを送ってキャッシュバック額をチェック!

関連記事