初期費用を安くする賃貸選びの秘密のテクニック


こんにちは、皆さん。今日は賃貸物件を探している方に向けて、初期費用を安くする方法についてお話しします。この記事を読むことで、あなたも初期費用を抑えつつ理想の物件を見つけることができるようになるでしょう。

まず最初に、初期費用が高くなる主な要素を理解することが重要です。これには、家賃のほかに敷金、礼金、保証金、仲介手数料などが含まれます。これらのうち、仲介手数料は賃貸契約を仲介する不動産会社への報酬で、一般的には家賃の1ヶ月分が相場となっています。

では、これらの初期費用をどのように安くすることができるのでしょうか。以下に3つのテクニックを紹介します。

1. 仲介手数料を節約する: 不動産会社ではなく、直接オーナーから賃貸物件を借りることで仲介手数料を節約することが可能です。これには、オーナー直接の物件を扱っているウェブサイトや、信頼できる友人・知人から物件情報を得るなどの方法があります。

2. 敷金・礼金を交渉する: 敷金や礼金は物件やオーナーによっては交渉が可能です。特に、物件の入居率が低い場合や、長期間の契約を希望する場合は、オーナーも譲歩しやすい傾向にあります。

3. 保証人なし・保証会社不要の物件を選ぶ: 保証人が必要ない、または保証会社を使わない物件を選ぶことで、保証金の負担を軽減することができます。ただし、これらの物件は条件が厳しい場合が多いので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

以上のような工夫をすることで、初期費用を大幅に抑えることが可能です。ただし、安くすることだけに目を向けるのではなく、自分のライフスタイルに合った物件選びをすることが最も重要です。賃貸物件選びは、自分自身の生活を左右する大切な決定です。初期費用を抑えつつ、自分にとって最適な物件を見つけることを目指しましょう。

GTO社長

GTO社長

あげちゃう不動産代表取締役社長のGTO社長です。 不動産歴8年。売買。賃貸。1棟投資の経験を基に2022年あげちゃう不動産を開業いたしました。 お部屋探しはあくまでもオーナー有利で募集することが多く借り手が不利なケースが多いのではないでしょうか?? また、【それ本当に必要な費用ですか??】と言いたくなるほど賃貸の引っ越し費用には数多くの項目の費用が発生してきます。 弊社あげちゃう不動産では、そんな【初期費用高いから引っ越しできない!!】という方に向けてよりお安く提案できるサービスを実施しております。 仲介手数料無料、最大キャッシュバック20万!!   お部屋探しを楽しく・気軽に・お得にお部屋探しをするなら【あげちゃう不動産】までお問合せ下さい。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事
最近の記事
人気の記事
  1. 賃貸のキャシュバックは違法!?仕組みや安全性を現役不動産社長が徹底解説!!

  2. 賃貸の審査不安な方必見!ブラックリストでも通る保証会社の通し方を現役の不動産社長が徹底解説!

  1. ブラックでも安心!一人暮らしの賃貸探しの秘訣

  2. 初期費用を抑えて新生活!キャッシュバック付き賃貸物件のすすめ

  3. 一人暮らしのための最新賃貸物件情報

  1. 物件探しのプロが選ぶ!おすすめの物件探しアプリとサイト

  2. 新生活をスタート!一人暮らしのためのおすすめ賃貸物件

  3. 利回りを上げるための不動産投資テクニック

物件情報URLを送ってキャッシュバック額をチェック!

関連記事