引越し初心者必見!仲介手数料を賢く節約する方法

誰もが一度は賃貸物件の契約を経験するでしょう。そのときに発生する初期費用は意外と高額なものです。しかし、適切な対策を取ることで、初期費用を大幅に節約することができます。今回のブログでは、仲介手数料の決め方や値引き交渉のコツ、無料物件の選び方、その他の節約方法などをご紹介します。賃貸契約において賢く初期費用を抑える方法を学んでいただけますので、ぜひ参考にしてください。

1. 仲介手数料の決め方と計算方法

real estate

不動産会社を通じて賃貸物件を探す際には、仲介手数料がかかります。この仲介手数料の決め方と計算方法について、詳しく見てみましょう。

1.1 仲介手数料の決まり方

仲介手数料の上限額は、宅地建物取引業法によって定められています。法律上、この上限額を超えることはできませんので、注意が必要です。また、2019年の消費税率変更により、上限額も若干上昇しました。

1.2 仲介手数料の計算方法

一般的な相場では、仲介手数料は賃料の0.5〜1カ月分に消費税を加えた金額が目安とされています。ただし、共益費や管理費は含まれません。具体的には、賃主と借主の両者から受け取る報酬額の合計が、この相場の範囲内に該当します。

具体例を見てみましょう。例えば、賃貸物件の家賃が7万円で、仲介手数料が1カ月分の場合、計算式は賃料×1.1(2019年12月時点の消費税率10%)となり、7万円×1.1=7万7,000円となります。もし家賃が7万円で仲介手数料が半月分の場合は、計算式は(賃料×1/2)×1.1となり、(7万円×1/2)×1.1=3万8,500円となります。

仲介手数料の計算は、賃貸契約において非常に重要なポイントです。正確な金額を把握するためには、契約前に不動産会社に相談し、計算方法を確認することがおすすめです。これにより、不動産契約に関するトラブルや不透明な費用を避けることができます。

2. 仲介手数料を支払わずに賃貸契約する方法

real estate

賃貸契約をする際に、仲介手数料を節約する方法はいくつかあります。以下に、仲介手数料を支払わずに賃貸契約をする方法を紹介します。

1. 仲介手数料の安い不動産会社を選ぶ

まず最初に、仲介手数料の安い不動産会社を選ぶことが重要です。不動産会社によって手数料が異なるため、複数の不動産会社を比較して調べてみましょう。

2. 仲介手数料無料の物件を探す

仲介手数料を一切請求しない物件も存在します。例えば、貸主から直接借りる形式の物件や、仲介手数料無料のキャンペーンを行っている物件などがあります。不動産サイトや不動産会社に問い合わせて、無料の物件を探してみましょう。

3. 物件の管理会社と直接契約する

物件の管理会社と直接契約する方法もあります。物件の管理業務を行なっている元付業者と契約することで、仲介手数料が無料になる場合があります。ただし、全ての物件が該当するわけではないため、地域密着型の不動産屋を探して、仲介手数料の有無を確認しましょう。

これらの方法を活用することで、仲介手数料を支払わずに賃貸契約をすることが可能です。ただし、注意点として以下のことを確認しましょう。

  • 物件の条件や情報の信頼性をよく確認する。
  • 仲介手数料が無料の場合は、不利な条件やトラブルの可能性があることもあるので、契約前に十分に確認する。
  • 初期費用の他の費用についても考慮し、総合的に判断する。

以上のポイントを押さえながら、仲介手数料を支払わずに賃貸契約をする方法を検討してみてください。

3. 仲介手数料の値引き交渉のコツ

real estate

仲介手数料の値引き交渉を成功させるためには、以下のポイントに注意しましょう。

3.1 閑散期に交渉する

不動産会社も物件需要が少ない時期は手数料の値引きに応じやすいです。そのため、閑散期に交渉することで成功率が高まる可能性があります。

3.2 予算と希望の金額を明確にする

交渉の出発点になるために、自分の予算と支払いたい手数料の金額を明確に示しましょう。具体的な数字を伝えることで、交渉がスムーズに進む可能性があります。

3.3 マナーを守りながら交渉する

敬意を払い、丁寧な言葉遣いで自分の立場を説明することが重要です。強引な態度や無理な要求は避け、相手との良好な関係を築くよう心掛けましょう。

3.4 対面での交渉が苦手な場合にはメールを活用する

対面での交渉が苦手な場合にはメールを利用することもできます。メールならば自分の意見を整理しやすく、冷静に相手に伝えることができます。

これらのポイントを念頭に置きつつ、柔軟な態度で交渉に臨むことが重要です。相手を尊重しながら、お互いに納得のいく解決策を見つけましょう。

注意:交渉には慎重さが必要です。過度な値引き交渉や無礼な態度は避け、相手との信頼関係を損なわないようにしましょう。交渉が成功しなかった場合でも、他の手数料の安い不動産会社を探すことで費用を抑えることができます。

以上が仲介手数料の値引き交渉のコツです。これらのアドバイスを実践しながら、賃貸契約における初期費用を節約しましょう。

4. 仲介手数料無料の物件のメリットとデメリット

仲介手数料が無料または割引される物件は、借り手にとって魅力的ですが、そのメリットとデメリットを理解しておくことは重要です。以下では、仲介手数料無料の物件のメリットとデメリットについて説明します。

メリット

  1. 初期費用の軽減:仲介手数料は家賃の1ヶ月分に相当する場合があります。仲介手数料が無料になることで、初期費用を節約できます。その分の費用を他の用途に充てることができます。

  2. 早めに物件を見つけられる可能性:仲介手数料が無料の物件は魅力的な選択肢となります。そのため、他の候補者よりも早く物件を見つけることができるかもしれません。

  3. 価格交渉や特典の余地が生まれる:仲介手数料が無料の場合、費用面での交渉がしやすくなります。価格交渉や特典の追加など、入居者側の要望を反映させやすいです。

デメリット

  1. 物件の選択肢が限られる:仲介手数料無料の物件は、業者提供の物件に限られる可能性があります。そのため、希望条件に合致する物件を見つけることが難しくなるかもしれません。

  2. 需要が低い物件や問題のある物件もある:仲介手数料が無料の物件には、需要が低い物件や問題のある物件も含まれることがあります。ただし、初期費用に関しては有利な点もあります。

  3. その他の費用が高額になる場合がある:仲介手数料が無料の代わりに、その他の費用が高額に設定されていることもあります。消毒代や鍵交換費用、火災保険料などが高額となることがあります。トータルコストを見極める必要があります。

これらのメリットとデメリットを考慮し、個々の状況に応じて判断することが重要です。仲介手数料無料の物件を選ぶ場合には、物件の状態や条件を慎重に確認し、自身のニーズに合った物件を選ぶようにしましょう。

5. 初期費用を安くする他の方法

moving

初期費用を抑えるためには、仲介手数料の値引き交渉だけでなく、他の方法も検討することが重要です。

1. 敷金・礼金なしの物件を選ぶ

初期費用を大幅に節約するために、敷金・礼金が不要な物件を選びましょう。通常、敷金・礼金は家賃の数ヶ月分に相当しますが、これらがゼロの物件を選ぶことで、2ヶ月分の家賃を節約することができます。

2. フリーレント物件を選ぶ

フリーレントとは、一定期間家賃が無料になる賃貸物件のことです。通常、フリーレント期間は1ヶ月程度ですが、中には3ヶ月フリーレントの物件もあります。フリーレントの期間中は家賃を支払わずに生活できるため、初期費用を大幅に節約することができます。

3. 引っ越し業者の費用を抑える

引っ越し業者の料金も初期費用の一部です。費用を抑えるためには、以下の方法を試してみてください。
– 複数の引っ越し業者から見積もりを取り、料金を比較することで、最もコストパフォーマンスの良い業者を選ぶことができます。
– 引っ越し業者の閑散期を狙って引っ越しを計画することで、料金を抑えることができます。
– 荷物を減らすことで、引っ越し業者の費用を削減できます。

4. 初期費用を分割払いにする

初期費用を一度にまとめて支払うのが難しい場合は、分割払いのサービスを利用することを検討してください。例えば、初期費用分割支払いサービスの「smooth」を利用することで、初期費用を6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月などに分割して支払うことができます。

これらの方法を組み合わせて活用することで、より効果的に初期費用を節約することができます。ただし、初期費用を安くするためには、事前の計画と情報収集が重要です。物件や引っ越し業者の選択において、慎重に比較検討を行い、自分に最適な方法を見つけることが大切です。

まとめ

賃貸物件探しにおける初期費用を節約するためには、仲介手数料の値下げ交渉や仲介手数料無料の物件の活用、さらには敷金・礼金なし物件やフリーレント物件の活用など、様々な方法が考えられます。また、引っ越し業者の料金比較や分割払いの活用など、総合的に対策を講じることで、より初期費用の軽減が期待できます。物件探しにあたっては、自身のニーズと予算に合わせて、これらの方法を組み合わせて検討することが重要です。賢明な初期費用の管理で、快適な新生活をスタートしましょう。

よくある質問

仲介手数料の上限額はどのように決まっているのですか?

仲介手数料の上限額は宅地建物取引業法により定められています。法律上、この上限額を超えることはできません。また、2019年の消費税率変更に伴い、上限額も若干上昇しました。

仲介手数料の計算方法はどのようになっているのですか?

一般的な相場では、仲介手数料は賃料の0.5〜1カ月分に消費税を加えた金額が目安とされています。ただし、共益費や管理費は含まれません。具体的な計算方法は、例えば、賃料が7万円で仲介手数料が1カ月分の場合、7万円×1.1=7万7,000円となります。

仲介手数料を支払わずに賃貸契約する方法はありますか?

仲介手数料を支払わずに賃貸契約する方法としては、仲介手数料の安い不動産会社を選ぶ、仲介手数料無料の物件を探す、物件の管理会社と直接契約する、などが考えられます。ただし、物件の条件や信頼性には十分注意が必要です。

仲介手数料の値引き交渉のコツは何ですか?

仲介手数料の値引き交渉を成功させるコツとしては、閑散期に交渉する、予算と希望の金額を明確にする、丁寧な言葉遣いで交渉するなどが挙げられます。ただし、過度な値引き要求は避け、相手との信頼関係を損なわないよう注意が必要です。

GTO社長

GTO社長

あげちゃう不動産代表取締役社長のGTO社長です。 不動産歴8年。売買。賃貸。1棟投資の経験を基に2022年あげちゃう不動産を開業いたしました。 お部屋探しはあくまでもオーナー有利で募集することが多く借り手が不利なケースが多いのではないでしょうか?? また、【それ本当に必要な費用ですか??】と言いたくなるほど賃貸の引っ越し費用には数多くの項目の費用が発生してきます。 弊社あげちゃう不動産では、そんな【初期費用高いから引っ越しできない!!】という方に向けてよりお安く提案できるサービスを実施しております。 仲介手数料無料、最大キャッシュバック20万!!   お部屋探しを楽しく・気軽に・お得にお部屋探しをするなら【あげちゃう不動産】までお問合せ下さい。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

賢い引越はあげちゃう不動産へ!

おすすめ記事
最近の記事
人気の記事
  1. 賃貸のキャシュバックは違法!?仕組みや安全性を現役不動産社長が徹底解説!!

  2. 賃貸の審査不安な方必見!ブラックリストでも通る保証会社の通し方を現役の不動産社長が徹底解説!

  1. リーズナブルな賃貸物件で快適な一人暮らしを!

  2. 引越し審査を通過するためのノウハウ大放出!

  3. 不動産売買:あなたが知るべき全て

  1. 初期費用を軽減!キャッシュバックと賃貸物件の理想的な組み合わせ

  2. 物件探しのプロが選ぶ!おすすめの物件探しアプリとサイト

  3. 引越しの裏技とコツ、あなたは知っていますか?

物件情報URLを送ってキャッシュバック額をチェック!

関連記事